よくある質問
よくある質問: 使えるクラウド
HTTPロードバランサを設定する
投稿者: Jason Frisch on 17 July 2014 05:27 PM
  1. コントロールパネル にログイン > 該当の契約を選択し、
    「使えるクラウド」を選択 > [HTTPロードバランサ] > [追加]


  2. 「名前」には任意のものを入力します。サーバ一覧にてチェックを入れたサーバが負荷分散されます。
    選択が完了したら[追加]を押します。
    ※選択したいサーバが起動していないとこの画面に表示されません。

    使えるクラウド > サーバ で起動したいサーバを選択し、「開始」ボタンを押して起動してください。




  3. 設定完了後、[HTTPロードバランサ]にて一覧が表示されるようになります。

    ※ ロードバランサー経由のウェブサーバーのログにアクセス元のIPを記録させるようにしたい場合は、こちらもご参考ください。
    ※ 80番(http)、443番(https)両方でバランシングされるよう設定されます。
    ※ ロードバランサー側ではSSLオフロードは行わっておりませんので、バランシングされたWebサーバー側にSSL証明書を設置してください。
    ※ ロードバランサー側にSSL証明書を設置しなければならないようなケースがございましたら、事前にサポートセンターへご相談ください。